会社案内

HDD用アルミ基板やSAWデバイス用基板の製造工程における精密研磨に使用される鏡面研磨剤の開発、製造及び販売を行っており、同領域においては、高い実績を有しています。

社長メッセージ

当社は、1985年創業以来、鏡面研磨剤の分野で絶えず新しいことに取り組み、技術、ノウハウを蓄積してまいりました。また優れた自社評価技術ときめ細やかな品質管理を基盤に、お客様のニーズに応える製品を開発、提供しております。

当社製品の特徴は、対象用途、分野ごとに、求められる研磨品質に対して、それぞれカスタマイズするところにあります。使用する砥粒の種類、サイズ、バランス等を考えて組成設計を行い、対象素材に応じて最適なエッチャントを配合してまいります。
このようにして開発された当社の研磨剤は現在、ハードディスク用アルミニウム基板、スマートフォンや携帯電話に入っている通話時の雑音を取り除くSAWフィルターに使用されているタンタル酸リチウム基板、各種酸化物、化合物半導体、プラスチックレンズ等、直接目に触れることはないですが様々な用途で研磨される際に使用されており、その性能、品質の高さで高い評価をいただいております。

当社は、2015年6月に荒川化学工業株式会社グループの一員となりました。当社がこれまでに蓄積した研磨剤の技術、ノウハウに加え、今後は荒川化学が有する各種素材の合成、分析技術を融合し、新たな切り口でさらなる高みを目指した製品開発を推し進めてまいります。

経営環境の変化の激しい昨今ですが、当社は高度化する研磨品質要求、難研磨素材への対応、環境対応、スループットの向上等、様々な課題に応えて行くとともに、社会に貢献できる製品開発に全力で取り組んでまいります。

皆様方のなお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 眞鍋 好輝

代表取締役社長

眞鍋 好輝

会社概要

設立年月日 1985年3月20日
資本金 20,000千円
主要株主 荒川化学工業株式会社 100%
事業所 本社・工場・研究棟
名古屋市緑区清水山二丁目1631番地
TEL 052-625-2333(代表)
役員
代表取締役社長
眞鍋 好輝
取締役
奥村 辰也
取締役
山口 哲正
取締役
津野 隆治
監査役
延廣 徹
監査役
山口 八重子

所在地

〒459-8009 名古屋市緑区清水山二丁目1631番地

TEL 052-625-2333(代表)

FAX 052-625-5317

電車でお越しの場合

JR南大高駅(東口)から徒歩で15分

JR大高駅からタクシーで10分

JR共和駅からタクシーで7分

沿革

1985年
山口精研工業株式会社設立
1986年
HDDアルミディスク用研磨剤(Aシリーズ;アルミナ砥粒)
1987年
本社・鳴海工場新設(2015年移転に伴い閉鎖)
1997年
大高工場新設
2000年
SAWフィルター用研磨剤(CLシリーズ)販売
2001年
HDDアルミディスク用研磨剤(Sシリーズ;コロイダルシリカ砥粒)販売
2007年
ISO9001取得
2010年
ISO14001取得
2014年
大高工場敷地内に研究棟新設、鳴海工場から大高工場へ移転統合
2015年
荒川化学工業株式会社グループに入る

環境方針

貴重な資源を大切に使い美しい環境を守っていこう

工業用鏡面研磨剤製品を世に提供するにあたり、環境にやさしい製品の開発、製造に徹し、全社員をあげて環境保護に努めます。

環境活動の推進により環境負荷の低減、及び環境汚染の予防に努めます。
  • ・顧客における環境負荷を低減する製品の開発
  • ・不適合製品の低減
  • ・工場排水の適切な処理
  • ・環境を害する物質の使用を極力削減する
  • ・ゴミの分別、廃棄物削減及びリサイクルの徹底
  • ・電力、ガソリン、紙等の使用量の削減
環境関係法規制等を順守します。
環境関連の法規・条例や当社が同意するその他の要求事項を順守するとともに、近隣地域住民、及び顧客・団体が進める環境保護活動に参画します。
環境マネジメントシステムの継続的な改善をします。
環境目的・目標を設定して、これを定期的に見直すとともに、その達成と内部環境監査等の実施により環境マネジメントシステムの継続的な改善に努めます。

この環境方針は全社員、当社のために働く人に周知するとともに社外に公表し、その達成に努めます。

制定:2010年 3月 1日

山口精研工業株式会社
取締役社長 眞鍋 好輝

品質方針

絶えず技術の研鑽を重ね、プロセス、業務の改善を継続し、最高品質の製品をお客様に提供します。
  • 顧客要求事項及び法令・規制要求事項に適合すると共に、品質マネジメントシステムの有効性の継続的改善を図る。
  • 年度品質目標を設定し、その達成を図る。
  • 社員全員がこの品質方針を理解し、品質目標の達成に向けての活動を実践する。

この品質方針は、適切性を維持するために、マネジメントレビュー時に合わせ見直しを行うものとする。
また、法令・規制要求事項を満たすこと。

制定:2010年 5月 1日

山口精研工業株式会社
取締役社長 眞鍋 好輝

TOP

お問い合わせ

当社製品、サービス等について、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせいただきました内容については、後日弊社担当よりご連絡させていただきます。

当社は荒川化学工業株式会社のグループ会社です